忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
05«  2017/06  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »07
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

赤毛のアン

時計がわりに、毎朝欠かさずNHKの朝ドラを見る。
放送が終わる8:15までに母の身支度を整えるのが目標で
 「ほらもう朝ドラ始まっちゃったよ、早く着替えないと!」
という具合。
今やっているのは『花子とアン』。
『赤毛のアン』の翻訳者、村岡花子が主人公だ。
ドラマを見ていて思い出したことがある。
母は、赤毛のアンの大ファンだった!
ちょうど母はタブレットで本を読む練習をしているところだから、さっそくダウンロードして読み始めた。


(子供用バージョンです。)

赤毛のアン。
私も昔、読んだなあ。
夏休みの読書感想文を書いたっけ。
 「私だったらアンの友達には絶対になれないだろう」
みたいな、超ネガティブかつ中二病満開の感想文。
母が読んだら激怒したに違いない。
たしか先生から呼び出されたんじゃなかったかな?
叱られるのかと思ったら
 「なかなかおもしろい」
とほめられて、がっかりしたのだった(教師とバトルしたい生徒だった)。
今読んだらぜんぜん違う感想を抱くのだろう。
もういちど読んでみようかな。

ちなみに母は1週間前に読みはじめ、いまだにアンが出てきません。
読み終わるのに3年くらいかかりそうです。
頑張れのクリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

おもしろそうな本

「この本おもしろそう!」
私にしては珍しく、平積みになってた文庫本を衝動買いした。



ひとりだけの貴重な時間を読書にあてる。
静かな部屋にコーヒーを用意して。
物語が始まるときの高まりを感じる。
どきどき。
わくわく。
ときめき。
表紙をめくる。
1行目で気づいた。

 「これ、読んだことある・・・」

まったく同じ本を去年、買ってた。



カバーが違ったからぜんぜん分からなかった。
本なんて年に3冊も買わないのに、衝動買いなんかするもんじゃない。
ちょっと黄昏てくる・・・。



こういうことやるの3回目です。
我ながら、ちょっとやばいかもしれません。
1クリックで慰めてください・・・。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

予約300人待ちの本を読んでる間に事件発生

図書館で本を借りるために予約をいれたら
 「300人待ち」
って宣言された。
いや、何年かかるねん!
どんだけ人気やねん!
待ちきれなくなって本屋で買って読んだ。
百田尚樹の『永遠の0』。



『0』は零戦のゼロ。
戦争の話だ。
特攻隊の話だ。
ずさんな戦略。
使い捨てられた無数の命。
爆弾を抱いて突っ込んでいった彼らは、しかし狂った時代に洗脳されていたわけではない。
「あらん限りの葛藤と苦しみ」、たくさんの想い。
そして最後の。
最後のほうの30ページ。
・・・すごい。
映画の原作にもなってるけど、映画館より家で本を読むほうが、安心して泣ける。

あの戦争はもはや私たちとは無関係にも思えるくらいに遠い。
でも日本人なら忘れちゃいけなかった。
カミカゼ、空襲、原爆・・・。
おびただしい犠牲の上に今の生活が築かれたことを。
 『あの戦争で亡くなった方たちはみんな、私たちのために死んだのでしょう』
という台詞の「私たち」は、当時生きていた人だけを指すのではない。
未来に生きる「私たち」も含まれているのだと思う。
「私たち」のために死んだ人たち。
・・・私たち、ていうか私、もっとしっかり生きなあかん。
素晴らしい本でございました。

素晴らしすぎて命の危険をもたらすくらいでした。

昨夜、夢中で本を読んでたら、母の体位交換が遅れたのです。
遅れてごめんねーって見に行ったら、母、めっちゃ嘔吐した後でした。
パジャマもシーツも毛布もゲロまみれ。
ものすごいカレーの匂いしてた。
わ、大丈夫!?って叫んだら母はけろりとして
 「うん、さっき綺麗に拭いてもらったから平気よ」
妄想できもちよくなってました

母の妄想はときに願望から生まれます。
≪妄想発生の仕組み≫
 早くこれ拭いてほしいなー(願望)
  ↓
 きっといつか拭いてくれるだろうなー(予想)
  ↓
 もう拭いてくれたに違いない!(妄想)

ほんまごめん、母。
遅れてごめん、母。
側臥位だったから良かったけど、仰向けだったら吐しゃ物で喉が詰まってたかも・・・!
ゾッとしました。
元気だ元気だと思ってたら意外に目が離せません。

いろいろあるけど書き続けられるのは皆さんのおかげです。
励ましの1クリックありがとうございます!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]