忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
03«  2017/04  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »05
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

片麻痺の障害者用トイレ問題

近々、母を連れて遊びにいく予定の、施設の下見に行ってきた。
トイレの下見だ。
いざとなって
 「車椅子対応トイレはどこだ!?」
と、探さなくてすむように。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ



よくあることなんだけど。
障害者用トイレが男性用トイレの中にあったりする。
男性用小便器の向かいにならぶ個室のひとつに「車椅子マーク」がついていたりする。
女性にはちょっと入りづらい。

これもよくあることなんだけど。
障害者用トイレならどこでも使える、というわけではない。
母の場合、重要なのは、手すりの向きだ。

こちらは家のトイレ。
座ったとき右手で持てるよう、右側に縦手すりをつけている。




今日おとずれた施設のトイレは、反対のつくり。
左側に縦手すりがある。



手すりが反対だと使えない。
母は右手しか使えない片麻痺だから。
左側の手すりは持つことができない。
足の力も弱いから、低い横手すりだけではうまく立つことができない。
だからどんなに広くて設備が整っていても、左に手すりがあるこのトイレは、母には使いこなせないのだ。
残念。

施設内には合計4つの車椅子トイレがあったけど、そのうち3つが左手すりだった。
母に使える右手すりは、男子トイレの中にある1つだけ。
ちょっと入りづらいけどそれを使うしかないだろう。

まあ一つでも使えるものがあってよかった、と思っていたら
案内してくれたスタッフが
 「使いづらくてすみません・・・」
と謝ってくれた。
でも、施設が悪いんじゃない。
ここのトイレはすごく広いし、オムツ交換用ベッドまでついてるし、充実したトイレだと思う。
昔とはえらい違い。
ありがたいことなのだから。

障害の有様は千差万別。
すべてに対応するなんて不可能な話。
せめて今あるものを上手く使いこなせるよう、私たちは情報を集めるしかないのだろうな。
PR


スポンサードリンク

介護から逃げる?

友達がいった。
「だださんは頑張ってるね。
 介護から逃げる人もいるのにね」

えっ?
介護から逃げる?
・・・意味がわからない。

介護しきれなくなってホールドアップ、というのはわかる。
私も経験した。
だけど、始めから何もせず、逃げる?
どういうこと?
逃げられるものなの、介護って?


1クリックで応援お願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


母の姿をみて育ったせいだろう。
介護は「するもの」。
「しなくてはならない」という言葉すら当てはまらない。
ただ普通に「するもの」だと思っていた。
掃除、洗濯、炊事、介護、みたいな日常のもの。
介護って大変なんだと気がついたのも、わりと最近だったりする。

でも、そうだ。
そういう人もいるんだな。
都会に出たまま帰らない一人っ子とかもいるんだろうなー。
まあ、それも人生の選択肢。
想像つかんけど。

介護にネガティブイメージがあることに気がついてからずっと、気になってることがある。
すごい不思議なことがある。
言っちゃいけないんだろうなって思ってきたんだけど。
もう言っていい?
私の疑問。

結婚を決めるときって、相手の両親の介護を自分が担当するかもしれないって、想像したりするのでしょうか?
結婚は2人だけの問題だからそういうことは考えたりしないのでしょうか?

私は結婚とは縁遠い人間ですが、もし結婚するのなら、将来要介護人数が増えるなーってきっと考えたと思うので。

・・・つまり、言いたいのは。
義両親の介護を引き受けてるお嫁さんって
ほんまに偉い!
尊敬します!
心から、お疲れ様です!!!

ということです。


スポンサードリンク

車椅子と出かける前に考えること調べること

「海が見たい」
と母がいいだした。
今年は雨ばっかりで夏らしい海を見られなかったから、って。
 「じゃあ海をみにいこう!」
二つ返事で引き受けたのはお気楽オヤジ。
 「神戸にいって××でランチ食べて、それから海をみにいこう!」
 「やったー!」
母は喜んだ。
とっても喜んだ。


(結局、どんよりしてた)

だが待て、オヤジ。
ランチに行く店は、車椅子で入れるのか?
身障者用トイレはどこにあるのか?

私は、自分ひとりなら
 「なんとかなるよ」
で世界の果てまで行っちゃえる。
だけど車椅子と一緒に出かけるときは違う。
なんとかならないこともある。

社会は障害者に対してものすごく優しくなったけど、それでも「車椅子お断り」な造りの店は多い。
段差と、トイレ。
事前にこの2つを調べておかなかったせいで、大変なことになったり、悲しい思いをしたことが今までに何度もある。
 「誰かに手伝ってもらえばいい」
という考えは甘いと思う。
誰もいない場合だってある。
誰かに迷惑をかけることもある。

私は以前、かなり段差がある店に車椅子を連れて入ろうとした。
お店のひとに手伝ってもらって、一応は入れたけど、無理したせいで私はギックリ腰になってしまった。
ケガをすることもあるんだと知った。
以来、私は怖がりになった。
それはきっと、私自身が車椅子に乗っている当事者じゃなく、あくまでも車椅子を押すほうの、介護者だから。
責任があると思うから。
車椅子で行くことをお店に連絡しておくだけで、周りも本人も私も、誰にとっても安全で安心なお出かけができる・・・確率が高くなる。
 「どんどん突撃して、お店にこの不便さを分かってもらって世の中を変える!」
なんていう勇気、私にはない。

だから。
 「行こう」
 「連れてってあげる」
という前に。
ちょっとだけ調べようよ、オヤジ!
オヤジはいつも安請け合いをする。
算段をするのはすべて私。
たいしたことじゃない、ただ行きたい所に電話を一本入れるだけなんだけどね?
ぜんぶ私任せだから、ほんとにもーっ!て思う。

ちなみに、今日のランチのお店は車椅子が入るのに問題はなかった。
ただ、



車椅子は、店には入れたけど、テーブルには入れなかった。
テーブルの足が邪魔で。
これも「車椅子あるある」ですな。
横づけして頂きました。

たまに勘違いしてる方がいらっしゃるんですが、私はびびりの小心者ですよ。
そんな私に励ましの1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]