忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
11«  2017/12  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »01
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

異常気象とか

九月になってもおさまらない豪雨。
皆様の町はご無事でしたでしょうか。
我が家の上空は申し訳ないほど晴れ渡っておりました。

去年の猛暑。
冬の豪雪。
夏には豪雨。
そしてデング熱。
「これは異常だ!」
とテレビで偉そうなひとがいう。
異常気象だ!
地球がおかしくなってるんだ!

・・・と。

異常気象って毎年言ってるよね。
私がおぼえている限り20年以上。
毎年毎年。
聞き飽きた。
異常じゃない気象がかえってわからない。

これはほんとに異常気象なんだろうか。
異常なことなんだろうか。
「地球がおかしく」なっているのだろうか。

難しいことはわからないけれども。
もしかしたらこれは普通のことなんじゃないかって考える。
地震も豪雨もデング熱もエボラも、私たち人間にとっては大厄災で異常事態だけれども。
地球にとっては。
ほんの身動きした程度のことではないんだろうか。

私は地球は生き物だと思う。
生きていると思う。
生きているからには、50億年、ずっと変わりつづけてきたはずだ。
新陳代謝をしてきたはずだ。
人間が風邪ひいてクシャミをしたり、痒くなってモゾモゾしたり、髪が抜けたりするように。
暑くなったり寒くなったり表皮がちょっと動くくらいのことは、50億年の中では微細なことなんだろう。
たとえ人類が滅んでも。
地球は平気でまわりつづける。

私は旅の景色を思い出す。
喜望峰から見渡した海を。
イグアスの滝しぶきを浴びた瞬間を。
・・・私の悩みはなんてちっぽけなんだろうって思い出す。


それでもやっぱり災害はもう勘弁です。
しばらく動かないで、地球。

応援の1クリックよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

ひとりたび

母を置いたまま外にでた。
着替えとトイレはヘルパーさんに頼んで
朝ご飯と送り出しはオヤジに頼んで
たったひとりで家をでた。
長距離バスに乗り込んだ。

私が昔から一人旅が好きなのは
ただ
一人になりたいんだと気がついた。
あちこちの国をさまよい歩いたのは
べつに
どこでもよかったからだ。

歌の歌詞みたいに「ありのままの自分になりたい」なんて言うのは甘えだ、そんなことは社会が許さないと誰かがいってた。
ああ、それはとってもよくわかる。
人間はみんな肩書きをもってる。
部長だったり主任だったり
アルバイトさんだったり班長だったり
お父さんだったりお母さんだったり
お姉ちゃんだったり弟だったり
自分探しという言葉がむなしいのは
その肩書きを含めてこその自分だからだ。

だから私は旅にでる。
たったひとりで旅にでる。
ここでは誰も私をしらない。
誰も、娘さんとか長女さんとかお姉ちゃんとか呼ばないから。
私は私じゃなくなって
私は誰でもなくなって
私はなんにもしなくって
誰にも気をつけなくていい
誰のことも考えなくていい
私はただ
旅をしているだけの私になる。

私は私から逃げだして
私は私を放りだし
私は私を一休み。
ぶらぶらするんだ、風に吹かれて。



・・・お母さん、ちゃんとショートに行けたかな。

何だかんだ言いながら旅楽しんでます!
激励の1クリックお願いします!

にほんブログ村 介護ブログへ


スポンサードリンク

変わりゆくもの、変わらないもの

今年100周年をむかえた宝塚歌劇を観てきた。
宙組『ベルサイユのばら』を観てきた。

お人形のようなドレスとピカピカの電飾。
一生懸命な若者たち。
涙と汗と。
熱気。熱気。熱気!
舞台がつくりだす夢と私たちの夢が一体化する。

『ベルばら』自体は大爆笑コメディなんだけど(ファンのひとごめん)。
観てたら、なんか、涙でた。
それはあまりにも宝塚だったから。
昔と変わらない、懐かしい宝塚だったから。

人は変わる。
環境も変わる。
私自身もここ数年で変わってしまった。
・・・変わらざるを得なかった。
だけど宝塚は変わっていなかった。
小さいころ親に連れられてきた宝塚。
学生時代に友達と遊びまくった宝塚。
舞台をみていると、あの頃とまったく同じ気持ちになれる。
無邪気で、人生のすべてが自分のものだった頃の私に戻る。
まるでタイムマシンのように。

オスカルは素晴らしかった。
良いベルばらだった。
本当に良い舞台だった。
たとえ世の中が変わり私が変わってしまっても、
宝塚にはずっとここにあり続けてほしい。
帰っていくことのできる故郷だから。

一方で、思った。
宝塚は新陳代謝する。
スターが替わり衣装が変わりセリフも変わる。
時代にあわせて変化していくことで劇団は100年間続いた。
それなのに宝塚はこんなにも変わらない。
変わっても、変わらない。
大事な芯の所だけは変わらない。
ずっと宝塚のまま。

だから私も。
変わっていくけど、変わらない。
いろんなことが変わってしまったけど、私の芯はずっと変わらない。
ずっと私は私のまま。
それでいいんだと思った。

いっぱい笑ってちょっと泣いて、ラーメン食べたら元気でた!
明日からまた頑張る!
1クリックで応援お願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]