忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
11«  2017/12  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »01
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

思い込み

まったくの初対面のひとに、私は独身なので親の家にいます、と話したら
 「まあ!」
っていわれた。
 「ダメよあなた!
  全部お母さんにやってもらってるんでしょ!」
いや、家事くらいするよ!
言い返そうと思ったが、立て板に水の説教がはじまったので口を挟めなかった。

次に、仕事とか兄弟のことをきかれたので
 「仕事は朝夕かけもちで、重度障害の妹がいます」
と答えると、また
 「まあ!」
って叫ばれた。
こんどは
 「えらいわねー!」
だった。
 「妹さんの面倒は一生つづくものね・・・大変ね。
  今は時代が悪いからね。
  でも、頑張って。
  いつか必ずいいことがあるから!

すごいな。
思い込みの激しい人って。
私はポカンと口をあけたまま
 「はあ」
しか言えなかった。

もしかして、「障害者の家族って、可哀想」とか思われてる?
それはものすごい勘違いだぞ。

そりゃあ家族だけど。
一緒にいるけど。
食事介助もいるし、おむつ交換もするけど。
私は私。
妹は妹。
べつべつの人生。
母は、私たちがずっと小さいときからそう言っていた。

家族が家にいないとき、妹はヘルパーさんに任せっきりだ。
お気に入りのショートステイ施設もある。
おかげで私は、安心して旅に出ることができる。

とくにホームヘルパーって、ほんまにありがたい。
どこにでも連れていってくれる。
したがることはできる限りさせてくれる。
仲良くなった数人のヘルパーさんは一泊旅行にまで連れていってくれた。
妹は、友達感覚でその人たちといっしょに遊ぶ。
 「お姉ちゃんとは遠出したくない、トイレ介助が下手だもん」
 「悪いけど、映画はヘルパーさんと見に行くって決めてるから」
 「今日は×××さん(ヘルパーさん)がカラオケに行きたいっていうから、付き合うの」
妹はそんなことを言う。

なのに「時代が悪い」って?
すばらしい時代じゃないか。
「いつかいいことがある」って?
今でもじゅうぶん、いっぱいあるよ!
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]