忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

ガラパゴス・チョコ

先日うちの『チョコ庫』から発見された、旅の遺産。
エクアドルのチョコレート「REPUBLICA DEL CACAO」。

ガラパゴスチョコレート

75%のダークチョコ。
ガラパゴス産のコーヒー豆を使用。
箱の左下に「GPS」と数字が書いてあるのはガラパゴスの緯度経度だ。

南米にはカカオ農場がたくさんある。
有名なのはベネズエラだが、ペルーも盛んで、クスコではチョコレート博物館なるものを発見した。
チョコレートの歴史から作り方まで学べる博物館だ。
観光客目当てにつくられているから英語だし、ヨーロピアン(フランス人?)経営だからとってもお洒落。
体験コーナーも豊富で
「カカオ豆からチョコレートをつくる体験教室」や
「カカオ農場を見学するツアー」も催行している。
これはチョコレート好きとしてははずせない。
絶対に参加せねば!
 「ツアーに参加したいのですが!」
勢いよく申し込んだら、美しいフランス女性に
 「申し訳ないのですが、おひとりさまはちょっと・・・」
断られた。
教室は2人以上、ツアーは6人以上、だったかな。
一人旅だと催行人数は絶対に満たせないのであった。

話を戻してガラパゴス・チョコ。
そのお味は・・・?



・・・苦い。
濃いというより苦いねん。
そういえば、南米でチョコレートを買うとどれもカカオ濃度が高かった。
ミルクで60%くらい。
ダークだと80%とかも普通。
チョコレート博物館で購入した超高級チョコレートも、大人の味すぎて閉口したんだっけ。
南米らしい味だけど、お子様舌な私の好みではなかった。
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]