忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
06«  2017/07  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »08
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

きのうから明日へ

母は脳出血で倒れてから2週間ほど眠っていた。
うっすらと目をひらくようになったのは今週に入ってから。
見えているかはわからない。
耳は正常かもしれないと、CDを聴かせたり耳元で話しかけたりしている。
今日は録音した梅ちゃんの声を・・・4歳の孫娘の声を聞かせていた。

 「バイオリンで『こぎつねこんこん』やってるんだけど!
 すっごくじょうずなんだけど!
 いっかい歌うね!

♪ こぎつねこんこん
 やまのなか やまのなか
 うめちゃんかわいい
 マミィとダディ
 だからダディはだいすきよ~」

 「ひどい替え歌だな!」
私が思わず笑った、そのとき。
母のくちもとが微妙に歪んだ。
瞼のすきまにのぞく瞳には、明らかに光がやどっている。
・・・笑おうとしてる?
わたしは母の手をにぎった。
母はその手をにぎりかえした。
神経の反射だと思うんだけど、それでも嬉しかった。
 「お母さん、見えてる?」
もう一度、顔をのぞきこむ。
こんどは瞳が動いた。
私を見てる。
・・・ああ、お母さんだ、と思った。
頭が丸坊主で
入れ歯もぜんぶはずされて
鼻にはチューブが通ってて
ほとんど90歳のお爺ちゃんみたいな姿だけど
それでもその一瞬の表情は、懐かしい母の顔だった。
 「いってらっしゃい。楽しんでおいで」
とあの夜、私を旅に送りだした母の顔だった。

私は今までいっぱいいっぱいすぎて、ゆっくり感じている暇がなかったのだと思う。
2週間あまり過ぎた今日はじめて、それが本当に母なのだと心で認識したのかもしれない。

帰り道、やたらと泣けてきた。
嬉しいのか悲しいのか自分でもわかんない。
涙と鼻水でぐちょぐちょになって止まらなかった。
カーステレオでいつも聞いてる歌さえも、違う意味をもってきこえてきた。
 「明日になりゃ、何もかわらぬ everyday・・・」

何もかわらぬ毎日なんてない。
きのうは永遠に戻ってこない。
ひたすらに明日へとすすんでいく。
だから毎日が、1日1日が、こんなにも大切なんだ。

明日は、もしかしたら母はもっと大きく目をあけられるかもしれない。
明後日は、自分の意志で手を握りかえすかもしれない。
母も少しずつ少しずつ進んでいるのだ。
私だって負けずに進まなくちゃいけない。

そんなことを考えつつ、Superflyの曲にのって車をぶっとばしておりましたら、

危うくスピード違反でつかまるところでした。

あぶねええええええ!
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]