忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
09«  2017/10  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

開花のご報告

一昨日。
母の手を握ったら握りかえしてきた。
でもそれは神経の反射で
 「いつか自分の意志で握りかえしてくれたらいいな」
と思った。
きのうも
 「おはようの握手!」
と手を握ったら、やっぱり手を握りかえしてきた。
・・・また反射かな。
ダメもとで
 「お母さん、グーできる?」
と声をかけたら!
母の手が、ゆっくりとグーになった。
 「えええええ!」
 「うそおおおお!」
私と父と叔母は3人そろって歓声をあげた。
 「パーしてみて、パー!」
母の手は、すぐにひらいた。
桜の花みたいにパッとひらいた。
 「うおおおお!」
3人でとびあがった。
拍手した。
手をにぎると、母は指でリズムをきざんでいた。
 トトトン。
 トトトン。
 トトトン。
 「バイオリン弾いてるみたい」
と叔母がいった。
 「さすがだね!」
母はバイオリン弾きだ。
毎日毎日いさましく弓をはしらせ鍛えぬいた右手で、今はリズムを刻み私たちに話しかけている。
 「わかってるよ。聞こえてるよ。
 わかってることを、わかってよ!」

そして今日。
妹を病室につれていった。
障害のある妹で、お互い口をきけないもんだから、母子はずっと手を握りあっていた。
愛おしそうに。
嬉しそうに。
母の指がまたリズムをきざんだ。
 トン・トン・トン。
 トン・トン・トン。
私は2人の手に自分の手をかさねた。
 「ゆ・う・こ。
  ゆ・う・こ。」
母は、妹の名を呼んでいた。

手をひらいてパーで「YES」、にぎってグーで「NO」という合図を決めた。
 「音楽を聞きたいですか?」
 「YES!」
 「ゆうこにまた来てほしいですか?」
 「YES!」
はっきり返事をしてくれた。

こんなに急に変化したのは、リハビリをはじめたせいかもしれない。
目や口はほとんど動かせないが、右手と右足はだいぶ活発になってきた。
明日はどうなっているのだろう。
楽しみでしかたがない。
本当をいうと、良いことも、悪いことも、両方あった1日なんだけど。
一日の終わりにロイズのチョコレートもらったから、良い気分になって、良いことだけを書いておきます。
希望はすべての闇をてらす光だから。
チョコレートは私を元気にしてくれるから。
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]