忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
09«  2017/10  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

会社のオバケ

昨夜の仕事の休憩時間。
突然、電話の音が鳴りひびいた。
食堂の固定電話だ。
こんな時間に鳴るはずがないのに。
誰がかけてきたのだろう、とみんな固まった。
社員さんが受話器をとって
 「切れちゃった」
とつぶやいた。
 「またオバケかしら?」

また、と言われるくらい、うちはオバケ話の多い職場だ。
真っ暗な階段にすわっている女の子。
更衣室に響く怪音。
誰もいない廊下をうろつくスリッパ。
ここで働く者なら誰でもひとつは怪談話をもっている。
昨日も
 「1階のトイレのドアを開けようとしたら、誰もいないのにひとりでに開いたよ」
と先輩が言った。
ヨイショ! と引っ張るくらい重たくて、風で開くようなものじゃないのに。
 「ふわ~って開いたの」
自動ドアですね、と笑っておいた。

不思議なできごとにはたいてい、からくりがあるのだろう。
錯覚や勘違い、闇を怖がる心がオバケをうみだす。
だけどそればかりではないとも思う。
すべてが科学で説明できるなんて現代人の驕りだ。
古来、人は理解の及ばないものを認めていた。
闇や死の恐怖をオバケや幽霊と呼んだ。
力のおよばないものを畏怖して神と敬った。
私たちは小さく無力な人間であることを知っていた・・・科学が神にとって変わるまでは。

私は科学も数学も苦手だし、どっちかというと神様を信じるほうなので、
やっぱり目に見えないものはいると思う。
いるほうがいいと思う。
どうせなら、トイレのドアを開けてくれるだけじゃなくて、仕事を手伝ってくれるオバケがいてくれたらいいのに。
ミスを見つけてくれるとか。
ハンコを押してくれるとか。
必要なものを取ってきてくれるとか。
そんな小人さんのような幽霊さんがいてくれたらいいのに。
 「あんた、オバケにお金とられるで。」
オバケもタダでは働かへんで、と先輩が言った。
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]