忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
11«  2017/12  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »01
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

感謝

仕事を辞めた。
最初の長旅から帰って見つけた仕事で、3年あまり続いたことになる。
今まで出会ったことのないタイプの人ばかりの職場だった。
繊細で我慢強く、深く考えるひとが多い。
おおざっぱでアフリカ帰りの私は異星人みたいに見えたと思う。

だけど私は恵まれた。
本当に本当に恵まれた。

仲良くしてくださった3人の先輩たちは、仕事だけじゃなくて人生の先輩だった。
私はいつもタメ口をきいてしまうんだけど、心の中ではずっと尊敬してた。
最初に仕事を教えてくれた先輩は、ややこしいおばちゃんが私に絡んできたとき
 「うちの子になにすんの!」
といって怒ってくれた。
もうひとりの先輩はずっと
 「あんたはえらい、あんたはえらい」
と手放しで励ましてくれた。
先輩たちは、私の知らないいろんな世界をみせてくれた。
いろんなことを教えてくれた。
いろんな生き方を教えてくれた。
母が倒れた直後、家族や友達の前では涙をみせられなくてはちきれそうになった夜に、私は助けをもとめてメールした。
あのときの返信はきっと生涯忘れない。
私は恵まれた。
本当に本当に恵まれた。

家のことで忙しくなってからは、仕事場がいちばん気楽にしていられる場所になった。
仕事は単調で退屈だけど嫌いじゃない。
けれども疲労が溜まってきた。
朝から出かけて昼には病院へに行き、夕方から深夜まで働く。
睡眠4時間の生活はちょっと無理だった。
家でも仕事でもミスがでた。
これではいけないと思った。
それで仕事を辞めてきた。
辞めるといったときに、ひとりの先輩がこう言ってくれた。
 「仕事を代わってくれる人はいても、家であんたの代わりをできる人はいない」
と。
 「あんたしかできないことをやりなさい」
と。

月の下で、星の下で。
オーロラの下で、夜明け前の富士山頂で。
先輩たちに教えてもらった言葉を、きっと忘れない。
・・・ここを読んでもらえるかどうかわからないけれど。
心から、ありがとうございました。
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]