忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
07«  2017/08  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »09
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

だって痛いねん

へこんだ。
めっちゃへこんだ。
下の親不知ぬくだけでこんなにへこむなんて!
こないだ上をぬいたときは突然だったので逆ギレてるあいだに終わってしまった。
だがこの下の親不知は・・・
 「下のほうが大変だから覚悟しておいてね」
という予告つき。
「下のほうが大変」の「大変」ってどういう意味よ!
どうなっちゃうのよ!
会う人ごとに吠えてたら、さまざま人が教えてくれた。
 「腫れるよ~(笑)」
 「長引くよ~(笑)」
 「痛いよ~(笑)」
なに、その(笑)は!
おかげで私はびびりまくった。
上の歯を抜いたときの10倍はびびった。
緊張でカチンコチンで診察台にあがる私をみて歯医者さん本人まで
 「大丈夫?(笑)」
また(笑)つきでいわれた。
 「はい、覚悟はできてます、お願いします!」
言いながら、すーはーすーはー深呼吸した。
ほとんどバンジージャンプを飛び降りるときみたいになってた。
麻酔を打たれながら、もしもあと100年後に生まれていたらと考えた。100年後ならきっと、口の中をメスで切ったりせずに絶対もっと痛くない治療法ができてるんだろうな。レーザーとかさ。もしかしたら親不知じたいがなくなっているのかも。
空想による現実逃避もむなしくギラリと光る刃物が近づいてきたので目をぎゅーっとつぶって耐えた。
あとで
 「アフリカで象から逃げたときより怖かったよ!」
と友達に報告した。
象から逃げるときは地元民のジェムソンが手を引いてくれたけど、歯医者のメスには私ひとりで立ち向かうしかなかったから。

「親不知ぬきました」ですむところを長々と書きましたが、それくらい怖かったってことです。
みんなに言われたとおり下の歯のほうが痛かった。
腫れよりも熱と頭痛がひどくて、でも痛み止めのみながら今日もいちにち家のことで走り回った。
めっちゃしんどかった。
会う人ごとに
「歯ぁ痛いねん、しんどいねん」
と、びーびー言いまくった。
どんなけ情けないん私。
たかが歯の1本で。
へこんでる半分は痛みのせい、あと半分は、弱虫な自分のせいです。
・・・まあ。
こんな日もある。
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]