忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
09«  2017/10  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

「左手、動けー!」

今日は予定がなんにもなくて。
母と2人でドラマを見てた。
『ミス・パイロット』に『リーガルハイ』、
それから昨日やってた『SPEC』と。
とうとうテレビにも見飽きて
 「バイオリン弾きたい」
と母がいった。

バイオリンを教えることはしていないが、今も週に1度は音をだしている。
テーブルの端にバイオリンを置く。
母が右手で弓を引き、
私は母の指示どおりに弦をおさえていく。

 「レ ソラシドレ ソ・ソ(D線!)
  ミ ドレミファ ソ(4の指)!」

今日はメヌエットNO.3。
5才の孫娘・梅ちゃんが練習中のやさしい曲なんだけど、私たちには難曲だ。
なにしろ二人羽織ならぬ二人バイオリンだから。

やがていつものように
 「これくらいなら独りで弾けるはず」
と母が言い出した。
自分の体が動かないことを自分で認識できないから。
そういう病気だから。
 「ちょっとやってみよう」
毎回トライするのだが、左手はびくとも動かないし硬縮もあるしバイオリンを握ることすらできない。
すると母は
 「1の指と2の指をこう動かしてね・・・」
まるで生徒に教えるように、左手にむかって弾き方を教えはじめるのだ。
 「タン・タン・タン、ってやるのよ、ほら!」
ほら、動いて!
ほら!
私もいっしょになって左手を応援する。
 「左手さん、がんばれ!」
 「左手さん、もうちょっと伸びて!」
 「左手さん、動いて!」
ドラマとかではよくあるじゃない?
奇跡がおきて突然、動くようになるの。
クララが立った!みたいなの。
だけどやっぱり現実だ。
なんにもなりはしないのだ。
いくら
 「左手、動けーーー!」
って『SPEC』の当麻ばりに叫んでみても。
そう簡単に奇跡は起きない。

逆に、私たちもドラマみたいに悲観的になったりしない。
目をうるませたり手を握りあったり嗚咽したりアホみたいな決意固めたり誓いをたてたりしない。
ただ
 「ま、いっか!」
と笑ってごまかすだけである。
 「左手さん今日はヤル気ないな!
  代わりに私が弾いたるわ!」
とバイオリンをとりあげるだけ。
そのたびに
 「あんた梅ちゃんより下手ねえ」
と貶されるだけ。

・・・でも、まあ。
2人で弾くのも悪くないな。
もし二人バイオリンを極められたらそれも面白いと思う。
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]