忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
04«  2017/05  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »06
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

2人ならんで

週末、ケアホームから帰ってきた妹がテレビを見ていると
 「お母さんも」
と声がした。
見れば母が自力で車椅子から降りようとしている!
 「危ない! なにすんの!」
びっくりして引っ張り上げる。
 「ゆうこの横にゴロンって寝ようと思っただけなんだけど・・・」
カーペットにゴロ寝する妹がうらやましかったらしい。
無茶にもほどがある!
危ないのはもちろん、いったん地べたに降りてしまったら、私の力では母を抱き上げることも車椅子に戻すこともできない。
 「お願いだからやめて!」
思わず大きな声をあげると母はしゅんとしてしまった。

しょうがないから2人ともベッドに寝かせることにした。
母は電動ベッド。
妹は簡易ベッド。
2つのベッドを同じ高さをにして、くっつける。
Wベッドみたいになった。

母と妹はならんで横になり、ごろごろとテレビを見ていた。
それは昔みたいな光景だった。
母が倒れるその日まで30年間、2人はずっと布団にならんで寝ていたのだ。
今は妹は週末しか帰ってこないし、
家でもべつべつのシングルベッドで、もしかしたら寂しかったのかもしれない。

テレビをみている間中、2人はずっと手をついないでた。
いつもは暴れまわってる妹がふしぎと穏やかな顔してた。



でも母によれば
 「この手はゆうこが顔を叩いてくるから押さえつけてるだけ」
なのだった。
・・・やっぱり暴れてたんか。
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by keito | 2013/11/04 23:51 | EDIT
こんばんは。

お母さまは、障害を持っても心はそのままで家族思いなのですね。

きっと、平日は寂しいのかもしれません。
でも・・・感傷に浸って自宅でなんてなったら、だださんの体が持ちませんね。
ちょっとの寂しさはあるけど、頑張ってもらうしかありませんね。
二人の手が繊細でとてもきれいです(*^_^*)

>keitoさん

from だだ | 2013/11/05 22:40
こんばんは。
障がい児の親にありがちなことですが、母は末娘にすこし依存気味だったようです。
でもおっしゃるとおり、付き合っていたら体が絶対にもたないです!
妹はほとんど怪獣なのでw
施設入所も考えているところです…。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]