忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

無敵の腹をもつ男

うちの親父は、無敵の腹をもつ男。
お腹をこわしたことがない。
何を食べてもへっちゃらだ。
腐ったおかずでもカビの生えたパンでもドンと来い。
完食してから
 「これちょっと古くなってたぞ」
と教えてくれる。
冷蔵庫の奥に眠っていた2週間前のご飯でも
レンジでチンして
 「おいしかった」
と言っている。

自分が頑丈なものだから、古くなった食べ物は危ない、ということがわからない。
そういう概念がない。
勤め先の女子社員が『お腹すいた』というのを聞いて
 「これ、やるわ」
と机のひきだしから鳩サブレーを取り出した。
 「ちょっと割れてるけど食えるやろ」
ところがサブレを受け取った女子社員は絶叫した。
 「賞味期限が8年前!」
・・・帰宅後、父は愚痴っていた。
 「なんや、おかしなこと言いよるねん。
  せっかく俺が秘蔵のお菓子をあげたのに、8年前のだから食えないって」
おかしいのは、アンタや。
8年は秘蔵しすぎやろ。

常識がないにもほどがある、ほんとうに危ないんだと、私はそれから毎日のように賞味期限、消費期限の意味を説明し、
 「ひとさまには古いものを出さないように」
と教えなければいけなかった。
ペットボトルの飲料水も古くなるとダメなんだよって教えると
 「えっ、水が腐るのか? ほんまにか?」
めっちゃ聞いてきた。
いっぺんくらい当たればいいのに。

近頃では会社の人たちも理解してくれたようで
 「お菓子いっぱいくれよるねん」
としょっちゅう何か持って帰ってくる。
 「みんなが、『これ賞味期限すぎてるけど食べる?』って持ってくるねん」
・・・まるで庭先のポチのごとく。
親父の使い方を理解してくれたようである。
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]