忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

高齢者も障害者支援を受けられる?

知り合いがおもしろい噂を聞きつけてきた。
 「介護認定をうけた高齢者でも、場合によっては身障者のサービスが使えるらしい。
  ガイドヘルプも使えるらしい」
ガイドヘルプ。
ヘルパーさんが車椅子を押して外出させてくれるサービスのことだ。
これが本当だったらすごいよ!

高齢者でもヘルパーさんに付き添ってもらって通院することはできる。
だがその利用法はかなり限定され、買い物と通院以外の理由で外に出ることはできない。
墓参りすら行けない。

身障者は違う。
ホームヘルプ(在宅支援)とは別にガイドヘルプ(移動支援)が使える。
ガイドはどこにでも行くことができる。
妹はヘルパーさんたちといっしょに映画や温泉にいき、おかげで普通に人生を楽しむことができた。
(今は入所しちゃったけど。)

高齢者と障害者は使えるサービスが分かれているが、両方にまたがる「障害を持つ高齢者」は場合によっては障害者としてのサービスも一部使うことができる。
母は身障1級をもっているから、もしガイドヘルプが使えるのなら・・・って淡い期待を抱いた。
さっそく市役所に電話して尋ねる。
かえってきた言葉は 
「両上下肢が不能な方でないと使えません」
だった。
両手両足ぜんぶに障害がある高齢者のみ、ガイドヘルプを使える。
母みたいに右手一本でも動かせるとダメなんだって。
まあ、そうだろなー。
世の中そんなに甘くないよなー。

両方なんて厚かましい?
淡い期待が消えてちょっと残念な気持ちの私に
励ましの1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

なかなか

by トマシーナ | 2014/03/04 11:35 | EDIT
両方は使わせてもらえないんですよね。
基本公的なサービスは二重で受けてはいけない!という原則があるらしいですね。
でも・・・・再就職支援に関しては、二重にも三重にも受けていたり、何度も同じ支援を受けている人がいました。
私はもう少し柔軟性があってもいいと思うけど、そうなると個別判断が難しいということかなと。
自治体によっては柔軟に対応しているところもあるかもしれませんね。

>トマシーナさん

from だだ | 2014/03/05 00:08
うまいことやってる人もいるのでしょうね。
制度って、抜け穴や特例があるんですよね。
妹がややこしかったときには私もいろいろ押しまくりました。
でもそれを利用するためには法律を調べる必要があって・・・大事なのは知識だなあと。
自治体の柔軟性、たしかに大事ですよね!
担当者によっても違いますし。
相手が市だったらなんとかなるんですけど県になると難しかったり・・・。

無題

by へなちょこ | 2014/03/05 23:36 | EDIT
私の母は、ヘルパーさんに散歩に連れて行ってもらっています。
介護保険でも、身体介護ということで外出に対応してもらえるようですよ。

>へなちょこさん

from だだ | 2014/03/06 15:59
お散歩はOKでしたか。
情報ありがとうございます。
今ある制度をうまくつかったら、できることも案外多いのかもしれませんね。
勉強していきます。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]