忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
05«  2017/06  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »07
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

翼をください。

『翼をください』
という名曲がある。
私はたしか中学校で習った。
 翼
 はばたく
 自由
 空
 夢
明るい言葉が印象に残って、明るい歌だと思いこんでいた。
翼をひろげてはばたく希望の歌だと。
だけど何かがひっかかり、歌うたびに、のどが詰まった感じがしていたものだ。

昨日25年ぶりくらいで『翼をください』を歌った。
そしたら25年ぶりで気がついたのだ。
これ、ぜんぜん明るい歌じゃない!

・・・歌詞の受け取り方は人それぞれですから、以下はあくまでも私の見解です。

「翼がほしい」という「願いごと」。
それはどうあがいても自力では飛べない人の、神頼みの歌だった。
 飛ぼう
ではなく
 飛ぶぞ
でもない。
 飛べるように頑張ろう
とか
 いつか飛べる
という言葉はでてこない。
あくまでも「飛びたい」だけ。
願うだけ。
神頼み。
たぶんそれしか方法がないから。
逆にいえば、飛べないという事実を受け入れ、半ばあきらめているようにもとれる。
希望じゃなかった。
諦観だった。

「富も名声も何もいらない、ただ翼がほしい」
と祈っているのは誰だろう?
「自由な空にとんでいきたい」
と解放されることを願い歌ったのは誰だろう?
中学生の私が明るい歌だと思い込んだのは、私が健康でお気楽な子供だったからだ。
爽やかなメロディだけをきいて明るい曲だと思っていた。

昨日、私はこの歌を、妹が入所する重度の障害者施設で聞いた。
音楽療法として。
楽しい音楽として。
若い女子大生が歌の指導をしていた。
大きな声で歌っているのは、車いすで、何十年も施設で暮らす人たち。
 「この大空に飛んでいきたいよ」
と、大空どころか隣のコンビニさえ自由行くことのできない人たちが歌っていた。
妹も歌っていた。
 『翼をください』
・・・せつなすぎて、なんか申し訳なくて、泣けてきた。

かくいう私も腰痛が治らなくて不便です。
レッドブルでも飲みましょうかね。
励ましの1クリックよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by 菜の花子 | 2014/03/23 08:38 | EDIT
わぁ~ぎっくり腰やっちゃったんですね。
わたしもあります。ぎっくり首もある。
年齢を重ねると、今後やっちゃう回数が増える恐れありですよ~。
湿布と、バンテリン系塗布、ロキソンニンなどの痛み止、あと安静に、病院行ってもそれぐらいしかないです。
最後の手段は、痛み止めの注射。これは超効くそうですが、私はしたことありません。
看護婦の妹は、す~ぐ注射しちゃいますけど。仕事柄、注射に抵抗がないのね。お大事に。でも、お父さん頑張ってくれてよかった。ぎっくりのおかげでいいこともありましたね。

>菜の花子さん

from だだ | 2014/03/23 21:38
ぎっくり首とかあるんですか!
それはまた大変そうですね・・・。
私は17歳のときからの持病です。介護病ですよね。
ロキソニン入り湿布をはって、市販の痛み止めを飲んでいます。
坐薬をもらいましたが使う勇気がでない(笑)
注射もあるとは知りませんでした。ちょっと怖いですね。
オヤジ頑張ってくれるのですが、ツメが甘いので結局は私がやるのですけれどね。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]