忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

メガネ店で老親を虐待もどき

母が
 「メガネが欲しい」
といいだした。
 「ちゃんとしたメガネがあったら、本も楽譜も読めると思うねんけど」
いや、読めないのは半側空間無視という障害のせい。
左が認識できないせい。
視力は関係ない。
・・・いや、ちょっと待て。
右側だけでもハッキリ見えたら、見えないところを補いやすいかもしれないな。
そう思ってメガネ屋へ連れていった。

すると。
 「まず最初に、目の検査をして頂かなければいけないのですが・・・」
とメガネ屋さんがおずおずと言った。
 「検査の機械が母に使えるだろうか?」
と心配している。
イスに座り、決められた位置にアゴを置き、目の検査をする機械。
ただそれだけの物なのだけど・・・
母ったら、アゴ置きに顔が届かない。
上体が不安定で前屈みの姿勢がとれないから。
ちょっとゴメンね、と断ってから
 「うおりゃ!」
肩を押し、力づくで前倒しにしてやった。
 「今のうちにお願いします!」
 「は、はい!」
メガネ屋さんは早速、検査にとりかかる。
が、
 「まだダメです。おでこをもっと前にだしてください!」
 「うおりゃ!!」
肩にくわえて後ろ頭も押して機械にくっつける。
 「ふんッ!」
母の鼻息が荒くなる。
お母さんゴメンもうちょっと我慢!
 「OKです!!」
やっと検査が始まったが、こんどは
 「ダメです! 左目、もうすこし開きませんか?」
左は麻痺があるのでうまく動かせない。
そしたらメガネ屋さんが必死の形相で
 「瞼をひっぱってください!」
って指示してきたから、私は
母の肩と頭を力いっぱい、ぎゅうぎゅう押さえこみつつ、左の瞼をこじ開けた
 「うっ・・・」
ごめん!
耐えろ、母!
ていうかこれ、
どう見ても虐待だよな!
通報されたらどうしよう!
他の店員さんが「今お客さん入ってきたらどうしよう」って顔してた。

虐待の甲斐あって検査は無事に終了した。
母の目は乱視がひどいことが発覚し(「そういえば昔から乱視だった」と母はあとから思い出し)、ちゃんと度の合ったメガネをつくってもらえた。
フレームの可愛いやつで母も嬉しそうだった。
めでたし、めでたし。
・・・母、お疲れ。

メガネをかけたからって楽譜が読めるわけではありませんが、
いつかまた読めますように!
励ましの1クリックをよろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by トマシーナ | URL | 2014/05/30 10:38 | EDIT
こんにちは。
だださん、ダイエット順調みたいですね(^^)
この記事を読んで思った。
ウチの父親のメガネも、そろそろ調整が必要かもしれない・・・・。
うーん、どうしよう。

>トマシーナさん

from だだ | 2014/05/30 22:44
こんにちは。
おかげさまでダイエットは目標まであと1キロというところまできました。
リバウンドも早そうですが。
メガネ、あったほうが気が楽になるかな?というだけでしたが作ってみました。
けっこう面倒なもんですね・・・。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]