忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
07«  2017/08  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »09
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

薬を誤飲した!かもしれない!


昨日は妹が施設から帰ってきてバタバタしていた。
着替えて。
食べて。
5分起きにオムツ交換。
大騒ぎしながら夕食を終えて。
事件はそのあとに起こった。

食後の服薬介助のときだ。
母と妹、2人並んて座ってもらう。
2人分の薬を用意する。

まずは母から。
母は自分で飲めるのでちゃんと飲んでるか見守るだけでいい。
はい、飲んでー。
ゴックンしてー。
飲めてるねー。
よし。

次に妹の薬。
が、妹の分の水を用意し忘れていた。
「ちょっと待ってて」
と2人に背を向け、すぐそばの台所でコップに水を汲んでくる。
30秒ほどのことだったと思う。

2人を振り向いた瞬間、異変に気がついた。
母が、口に水を含んでいる。
もう飲み終わったはずなのに。
そして妹の薬が減っている。

母が妹の薬を口に入れたのだ。

「出して!」
私は大慌てで叫んだ。
「出して、出して! それ、ゆうこの薬だよ!」
母は目を白黒させながら、なんとか白い錠剤を一粒ペッと吐きだした。

ああーよかったー。
口に入れたばかりで飲みこんでなかったんだね。
間に合って本当によかった。
危ないところだった。

と、安心してから。

3時間後。

3時間も経ってから。

気がついた。

あれ?
ゆうこの薬、もう一つ足りなくない?

母がペッと一粒吐きだしたから安心しちゃったけど。
でも、もう一錠。
足りない気がする。
もしかしたら。
母は2錠、口にいれて、一錠は吐きだしたけどもう一錠は飲んじゃったかもしれない。
もしかしたら。

誤飲のあと、妹に何粒飲ませたかハッキリ覚えていない。
施設の薬局で分包されていたものだから、もともと何粒入っていたのかも定かではない。
あくまでも「もしかしたら」。

肝心の母はへっちゃらだった。
気持ち悪くないしどこも痛くない。
血圧も安定。
現在では12時間が経過したが、眠たい以外は問題はなさそう。
眠たいのは、昨夜も妹が暴れて眠れなかったから、睡眠不足もあるだろう。

このまま・・・何もないと思うけれど。
でもちょっとまだ不安。
かかりつけの病院が休診日なんだよね・・・。

薬の誤飲てめちゃ怖い。
次からは絶対、2人別々の場所で飲ませることにします!

お叱りの1クリックをお願いします…。

にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]