忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

足踏みに挑戦!

ニュースを見てると怖くなる。
エボラ出血熱のニュースが怖すぎる。
『アウトブレイク』や『感染列島』の映画が頭によぎる。
映画では最後にヒーローが世界を救ってくれるけど。
このままいくと人類は本当に滅んでしまうのじゃないだろうか。

戦争なんかしている場合じゃないと思う。
国会でくだらない言い争いをしている場合じゃないと思う。
他ならぬ自分たちが死んでしまうというのに。
人類滅亡なんて脅威はあまりにも大きすぎて逆に現実感を伴わないのかもしれない。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

そうは言っても私たちも何もできはしないから。
自分たちでできることしかできないから。

 「足踏みをしてもいいですか?」
と、訪問リハビリの先生に尋いてみた。
 「え!」
先生はびっくりして止まってた。
 「できるんですか!?」

母は、100数える間、立てるようになった。
麻痺した左足もちょっとずつ動くようになってきている。
立ったまま足を動かすことも、できないことはないと思った。

手すりにすがって立ち上がる。
手すりを持てば綺麗に立てる。
 「右足を上げてみて」
というと母はその場で、ダン、ダン、ダン! と3回、足を上げ下ろしした。
かなり危なっかしいし、私が横から体を支えておく必要はあったけど。
母の左足は崩折れもせず、ちゃんと立っていられた。
 「すごいですね!」
先生は笑っていた。
 「なんかいろいろと・・・すごいですね!」

私が勝手に突っ走ってしまうから、先生はちょっと困ってるのかな。
でも・・・。
進め、進め、進め。
また歩けるようになるために。
ウィーンの石畳を歩く日のために。
母の体調が良い間は、私たちは進むことをやめないだろう。
たとえ願いが叶わないとしても
たとえ世界が滅んでしまうのだとしても
あきらめることはないだろう。

だって他にすることがないのだから。
できることがないのだから。

だから・・・。
進め、進め、進め、進め。
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

ぜひ

by じーじょ | URL | 2014/10/18 12:24 | EDIT
ウィーンへ
私も音楽をしていて、なのに行った事がありません。
主人が定年を迎えたら行ってみたい
足腰が動く間に行きたい、そう思いながら
突然の二人と二匹の介護中です

専門はピアノですが、擦弦楽器が好きで
バイオリンをやってみたい、買って
習いに行けないまんま、放置です。
両親と犬達を送らないと、ウィーンへ行けそうにもありませんが

せめてバイオリン習いたい、そう思います。

>じーじょさん

from だだ | 2014/10/18 21:22
こんにちは。
毎日の介護お疲れ様です。
じーじょさんはピアノの方でしたか。
私の場合は介護が終わるのを待っていたら次に海外旅行ができるのは20年くらい先になりそうなので(笑)母ごと旅行を目指しますが、新しいことを始めるのは気分転換にもなって良いですよね。
機会があればぜひバイオリンに挑戦してください! 
あっ、
「もしお家がご近所なら私がバイオリン教えて差し上げるわよ!」
と母が申しております。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]