忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

悲しいこと

悲しいことを書きとめるには勇気がいる。
書かないでおこうかな、とも、考えたんだけど。
やっぱり書かなくちゃだめだ。
ぜんぶ書くって決めたんだから。

母は地元の音楽家たちと、ボランティアで演奏活動をするグループ「ムジカ」を作って活動していた。
ピアノ、声楽、フルート、オーボエ、そして母のバイオリンという顔ぶれだ。
去年は「ムジカ」の活動が20周年にあたり、記念コンサートをひらくというので、母はとても張り切っていた。
20年の集大成だからって。
楽しみにしていた。

ところが母は脳出血で倒れてしまい。
入院している間に20周年コンサートは終わってしまった。
母の意識が戻らぬうちに。

それから1年半が過ぎ。
母はかなり元気になった。
意識も、記憶も、はっきりしてきた。
妄想もほとんど出なくなった。

ところが、どうしても受け入れられない事がいくつか残った。
その一つが「ムジカ」だ。
20周年のコンサートが自分のいないうちに終わってしまったことが、どうしても理解できない。
受け入れられないのだと思う。
コンサートのDVDも見せた。
メンバーの話も聞いた。
それでも尚。
バイオリンを弾けないことを受け入れるようになった今でも。
母は理解することがでいない。

ムジカの活動は、バイオリンのないままに続いている。
仲間たちがひらく半年に1度のコンサートを母は喜んで聴きに行く。
そのたびに、今度こそ大丈夫だろうと思うのだけど。
今回もまたダメだった。
ムジカのメンバーの顔をみると
「20周年のコンサートのポスターはできたのかしら?」
と言いだしてしまった。
あんなに調子がよかったのに、急に記憶が混乱して
「ゆうこはどこかしら?」
と、とっくの昔に施設に入れた妹を探し始めた。
「お弁当を頼んでいるはずなのよ。
 私も会議に出席して、次に弾く曲を決めなくちゃ」
お弁当を頼んだのも
会議に出席していたのも
コンサートにでるための曲を決めなくてはいけなかったのも、2年前のこと。
母がまだバイオリンを弾いていた頃の記憶だ。
普段しっかりしているだけに、今回の混乱は激しく、動揺は深く、私も悲しかった。

応援の1クリックをお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ

母の通うデイサービスにも、ムジカはボランティアで弾きにくる。
だけどその日は休ませるようにしている。
「私、このあいだまでお年寄りのために弾いていたのに、自分がお年寄りになっちゃった」
とつぶやくのを聞いてしまったから。
まあ、誰でもいつかお年寄りになるんだけどね。
いつか母が、この現実を受け入れて、ムジカの仲間と話せるようになるといいな。
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by NONAMEさん | 2014/11/08 00:33 | EDIT
応援しています。他に言えることはないのですが、毎日ブログ楽しみにしています。

>匿名さん

from だだ | 2014/11/08 11:00
ありがとうございます。
いつも読んで下さって、本当に嬉しいです。
頑張りますね。

つらいですね

by じーじょ | URL | 2014/11/09 11:36 | EDIT
楽器を演奏する者として
お母様の気持ちはわかるし
かと言って、なんとも出来ない状態は
つらいですね~~

せめて弾けなくなられていても、
レッスンの真似事みたいなのが出来たら
いいですのにね~
逆ボランティアと言うと妙ですが
私のようなのが習いに行くとか
音楽のお話をするとか、出来そうな楽器で
合奏するとか、高齢者のお楽しみでは
レベルが低いでしょうから、ちょっと高度なのが出来たらいいですのにね

>じーじょさん

from だだ | 2014/11/09 16:53
>せめて弾けなくなられていても、
>レッスンの真似事みたいなのが出来たら
そうなんです、ほんとにそうなんです!
でも、楽譜もまともに読めなくなってしまいましたしね。
もともと数人しかいなかった生徒さんも、一年のうちによその先生の所へ行ってしまわれて…そのことも、母は完全には受け入れられていないようです。
じーじょさんが来て下さったら本気で嬉しいんですが(笑)。
来月から一か月だけ姪っ子がバイオリンを持って遊びに来るんで、今はそれを楽しみに待っているところです。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]