忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

おばあちゃん、大丈夫だよ

姪っ子の椿が私を呼んだ。
 「あのね、おばあちゃんがね、オムツ替えてほしいんだって」
行ってみると母が泣いていた。
 「今、椿と2人でテレビを見てたんだけどね。
 『オムツ替えてもらわなくちゃいけないんだけど・・・』
 って頼んだら
 『じゃあ、だだを呼んでくるね』って。
 あの子、嫌な顔、しなかったよ」
嬉し泣きだった。

椿は母の初孫だ。
十一歳になった。
ちょうど私と同じ背丈。
母が倒れたと知った頃は毎晩泣いていたそうだ。
車椅子の写真を初めて送ったときもやっぱり泣いていたそうだ。
椿はおばあちゃん子だから。
日本にいる頃は母にべったりで勉強やバイオリンも教わっていた。
なのに最近、バイオリンをやめた。
 「もうおばあちゃんと一緒に弾けないから」
って。
思い出を大事にする子だから。

大好きなおばあちゃんはもう、バイオリンを聴かせてくれることも勉強を教えてくれることもない。
今が何月かもわからないし顔の右半分しか笑えない。
十一歳といえばもう思春期だ。
変わってしまったおばあちゃんを目の当たりにして椿が動揺するんじゃないかと私たちは気をもんでいた。

でも、杞憂だった。

椿は、オムツ交換を頼まれるとにっこり笑って私を呼びにきてくれた。
立位訓練をするからつきあってと声をかけると、すぐについてきてくれた。
母がおかしなボケをかましたときも
 「大丈夫だよ、おばあちゃん」
そっと受け流した。
いい子に育ったねと、母はまたうれし涙を浮かべて語った。
私もほっとした。
椿が優しい女の子に成長して、嬉しかった。


子供が好きな方も苦手な方も、
1日1クリックお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

私も嬉しいです。

by ささ | 2013/12/11 12:17 | EDIT
あのハイハイしてた椿ちゃんが、こんなに優しくて素敵な女の子に成長しているなんて!こちらまで嬉しくて涙が出そうです。
だださんや椿ちゃんを見て育つと、梅ちゃん、龍ちゃんも優しい気持ちを持って成長されるんだろうな~と思います。
そういえば、龍ちゃん、顔立ちがどことなくだださんに似ているような…。

>ささサン

from だだ | 2013/12/11 22:46
ありがとうございます。
長い間見守ってくださって嬉しいです。
子供はどんどん成長していきますね。
私はぜんぜん変わらないのに・・・なんて、若いままのつもりでいても、子供の成長をみるとそのぶん年をとったのだなと思い知らされます。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]