忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
03«  2017/04  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »05
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

夢をひとつ、あきらめた

本当なら、今頃わたしは飛行機に乗っているはずだった。
タイを目指しているはずだった。
1年前に中断した旅のリベンジだ。
たとえ1泊でもタイに行ってやろうと。
熱望した旅の待望のリベンジ。

だけどまた。
また、ダメになった。
ニュースでもよく報じられているようにバンコクはデモが真っ盛り。
爆弾が投げ込まれ死傷者がでた。
非常事態宣言まで発令された。
何年か前のデモでは国際空港が閉鎖された。
今回はやらないと言ってるけどそんなもの信用できない。
先行きがさっぱり読めないのが今のタイなのだ。
今は行くべきではない。

とはいえ、これまでの私だったら、無理にでも行っていたと思う。
 「バンコクさえ避ければ大丈夫。
 きちんと情報を集めれば危険は避けられる。
 たとえ空港が閉鎖されても大地は続いているのだから、ラオスやカンボジアから帰ってくればいい」
って、こないだまでの私なら。

だけど今では、もう無理だ。
万が一にも空港閉鎖になって帰国できなくなったら!
母が困る。
父が困る。
ショートステイ延長してくださいなんてハメになったら施設も困る。
本当は、デモなんかなくても、海外旅行はするべきではないと思う。
もし、母の施設から連絡がきたら(ときどきある)。
もし、父が倒れたら(父にも持病がある)。
もし、フライトが遅れて帰ってこれなくなったら(しょっちゅうある)。
対応できるのは私しかいないのだから。
だから。
もう。
リベンジはあきらめた。
旅をあきらめた。
航空券をキャンセルするのはほんとにほんとに悔しかったけど(キャンセル料えげつないねん)。

でもまあ、いつかチャンスはあるだろう。
あと20年くらいしたら。(60代の介護ってそういうもの)。
・・・あ、でもその頃に私自身がヨレヨレになってたら困る。

STOP老化!

てことで。
20年後を見据えて身体を動かすことにした。
このところ運動不足だから、とりあえず散歩でもしようか。
散歩って、旅の最少単位だからな!

 ♪ あるこう~
 ♪ あるこう~
 ♪ わたしはっ元気~!

鼻歌なんか歌いながらノリノリで、ほぼ20km歩いた。
地元から宝塚まで。
5時間近くかかった。
ほとんどヤケクソだった。
国道を通ったせいか排気ガスで窒息しそうになった。
今でも喉が痛い。
散歩って実は体に悪いのかもしれない。


(vq1015 Classicで撮影)

私には憧れている人がいる。
シリアで出会った60代の女性バックパッカーだ。
足を悪くして杖をつき、目を傷めてサングラスをかけ、それでもバックパックを背負って世界中をまわっていた。
いつか。
いつか私も。
あんなふうにまた世界を旅をするんだ。


だいぶやけくそな私を1クリックで慰めてください・・・。
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by ささ | 2014/01/28 11:36 | EDIT
さまざまなものをかかえると、旅行というのは難しくなりますね。
ましてタイがこの度のような状況では…。
でも、どんな状態であろうと、旅はいつまでも人を待っていてくれます。
私も今は、仕事とお金がないので旅には出られませんが、いつかまた、絶対行くつもりです。
いっしょに「その日」を待ちましょう。

>ささサン

from だだ | 2014/01/28 20:40
お金は稼ぐことも貯めることもできますが、時間と健康はそれができません。
与えられた遊びの時間は使い果たしたんだなあという感じです。
いつかくるその日まで、旅は私を待っていてくれるといいのですが。
あ、でも、私は旅そのものをあきらめたわけではありません。
いつか、いっしょにどこかへ行きましょうね。

きっと

by ヤミー | 2014/01/28 17:44 | EDIT
夢を持ち続けてる限り、その夢を叶えるチャンスはある。
人生の折り返し地点をとうに過ぎて、同級生と逢うと更年期と病気と老後とお墓の話ばかりになる私ですが、どっこいまだまだやりたいことがある。
輪廻転生なんて信じてないから、生きてるウチに自分のやりたいことができる算段模索中。

お互いぼつぼつ歩き続けましょう。

>ヤミーさん

from だだ | 2014/01/28 20:57
夢って、たくさん願えばいっこくらい当たるようなものだと思うんです。
今のアジアを観にいくという夢は叶いませんでしたが、将来、違う形でその夢は叶うかもしれません。
私は「いつか」という言葉が嫌いなので、今できることから始めていこうと思います。
>生きてるウチに自分のやりたいことができる算段模索中。
>お互いぼつぼつ歩き続けましょう。
そうですね。
だからこそ手始めに20キロ歩いてみました(笑)。

無題

by なずな | 2014/01/28 19:27 | EDIT
すごいすてきなバックパッカーの女性、わたしも目指します!その方がシリアを歩いているのを頭に想像しただけで勇気が出ました。わたしそんなに齢が変わらない・・・なのに弱くなった私の母のグチばっかり言っていて反省しきりです。

>なずなさん

from だだ | 2014/01/28 21:04
本当に素敵なバックパッカーだったのですよ。
印象的な言葉をたくさん残してくれた方でした。
あんなふうに年を重ねられたらと思います。
私も近頃はグチってばかりです。
でも愚痴って、やっぱり生きていくために必要なものだと思いますよ。

無題

by Lunta | URL | 2014/01/29 17:55 | EDIT
宗教心などありゃしませんが、何事もご縁だと思っています。
旅行もご縁があれば行ける、なければどんなにじたばたしても行けない、もしくは行ってもろくなことがない。
ご縁があることはたぶん自分に必要なこと。
だださんにはきっと旅のご縁があるから、その時が来たらするっと行けますよ、その意志さえあれば。

>Luntaさん

from だだ | 2014/01/29 21:09
そうですねー。
タイには本当にご縁がなかったみたいです。
2年がかりの片思いが破れた感じでした(笑)。
次のご縁がめぐってくるときまで、思いは温めておくことにします。
それまでしっかり功徳を積んでおかなくちゃね。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]