忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
03«  2017/04  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »05
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

主治医さがしの旅

「主治医とケアマネージャーは、よーく選ばなくちゃいけないよ。
  当たり外れが大きいからね!」
と近所のおばちゃんに言われた。
うちは、両方ともはずした。残念。

ケアマネさんはおいといて。
主治医は選びなおそう。
市民病院の先生はろくにみてくれない。
痺れがひどかったときも、血流が悪すぎて爪がはがれたときも、夜中に吐いたときも、
あからさまにPC画面ばかり見てろくに患者をみないのだ。
診察時間は、1分。
あんまりひどいので担当を替えてもらったが、今度は
 「それくらい」
って言われちゃった。
 「それくらい、町のお医者さんでみてもらってくださいよ」

そっかー。
それくらいなのかー。
じゃあ町のお医者さんにいこう。
内科に行こう。
親切なことで有名な、近所の病院に行ってみよう。

で、行ったらめちゃめちゃ混んでいて。
待合室で2時間。
点滴で2時間。
会計でさらに30分。
母はぐったりしてしまった。

病院いって具合わるくなったら世話ないな。
よそいこ、よそ。

今日行ったのは初めていく内科。
めっちゃすいてた。
閑古鳥ないてた。
待ち時間、3分。
あんまりにもひとけがなくて寂しいので
 「心配・・・」
と母がつぶやいた。

月曜の朝からガラガラな病院の先生ってどうなんだろう?
評判が悪いのかもしれない。
ウデが悪いのかもしれない。
人が悪いのかもしれない。
少なくとも、口は悪かった。
 「吐いた翌朝に何食べた?」
ときかれて
 「パンとソーセージ」
って答えたら、ハッキリきっぱり叱られた。
 「吐いたあとにあぶらっこいもん食べさせたらアカンやろー!」
私が叱られた。
目をみて叱られた。
 「おかゆとか、柔らかいもんじゃないとな、誤嚥したら大変やぞ!」
お説教、めっちゃ長かった。

あの病院がはやらない原因は、医者としてのウデ以前に、優しくないからかもしれない。
なにしろ怖い。
ネチネチ叱る。
でも、空いてて暇なんで、話はじっくりきいてくれた。
嘔吐のことを相談するのは4人目だったが、叱る人も、目をみて話す医者も初めてだった。
それに、私にはめっちゃ強気で叱るくせに、
母に話しかけるときは別人のように優しかったのだ。
それがちょっと嬉しかった。
結局、嘔吐の原因は不明のままだが、ツンデレ先生は胃薬をだして
 「これで治らなかったら、こんどはちゃんと診てもらえるように、検査してもらえるように、僕が紹介状かきますから」
といった。
治ったら、この先生をかかりつけにしようと思う。
治るといいなー。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]