忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
10«  2017/11  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »12
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

介護認定と介護者の働く権利について

ついに今日。
恐れていたものが郵便で届いた。
 『介護認定を更新してください』
というお知らせ。
母は退院が決まったころ初めての認定で「要介護5」をもらった。
あれから半年。
メキメキと回復し、素人目にも次はもう「5」をもらえないだろうと分かる。
ケアマネさんいわく、
 「4は欲しいところなんだけどねー。
  お母さん、口がしっかりしてはるからねえ」
・・・3になるかも。

要介護5と3では使えるサービスの量がぜんぜん違ってくる。
母がデイサービスに行く間、私はパートに出たいと思ってる(仕事探しは難航中)。
要介護度が下がると、デイに行く日が減り、働くことはますます難しくなるだろう。

いつも思う。
疑問に思う。

介護してる家族の人たち、みんなどうやって食べてるの?

老老介護は大変だけど、そのかわり年金があるだろう。
お姑さんの介護はつらそうだけど、その間に旦那さんが稼いでるのかもしれない。
だけど若い人は。
シングル介護は。
みんなどうしているのだろう。
若くても介護のために家を出られない人はいっぱいいる。
20代でも30代でも介護はやらなきゃいけないし、
そして人間は食わねばならない。
働かねばならない。
人生は続いていくのだから。

ネットの海を漂っていたら、若い男の子が認知症の家族の介護のために仕事をやめたなんて話がザラにある。
たったハタチかそこいらで。
おじいちゃんをみて、おばあちゃんをみて
お父さんをみて、お母さんをみて。
何十年後かに介護が終わったとき彼はどうするのだろう。
貯金もキャリアもない人生を前に途方に暮れるのだろうか。
介護者が働く権利は誰も保障してくれない。
というか、そんな権利は存在さえもしていない。
若者の未来を介護がつぶす。
それが今の日本の現実だ。
ときどき餓死者がでるのも頷ける。

ひとごとじゃない。
なんとか仕事、探さなくちゃ。
要介護「4」、もらえるといいなー。

仕事さがし頑張れの1クリック、よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by トマシーナ | 2014/02/25 22:25 | EDIT
だださん、すっごくよく分かるよ。
私も母がいなかったら、途方に暮れているかも。
ウチも要介護1から要支援になる可能性を、ケアマネ氏より言われたらしい。
そうなったら、いろいろ考えないとね(ーー;)
私は稼ぎが悪過ぎるから、父に十分なサービスを受けさせてやれないかもT^T
場合によってはダブルワークも考えないとね(ーー;)
まあ、取り敢えず認定待ちだね。
3/7に認定調査員が来ます。
お互いに良い方向に行きますように!

>トマシーナさん

from だだ | 2014/02/26 23:58
どこも同じですねー。
介護度が下がる=回復している、ですから本来なら喜ぶべきことなのに。
ぜんぜん素直に喜べない(笑)。
ショートなんて高いですしね。
うまく運びますように!

はじめまして

by めぐみ | 2014/02/26 11:58 | EDIT
はじめまして
いつも拝見させて頂いております。
アラフォーシングル無職です。
私の母は交通事故で要介護5になりました。
仕事にも遊びにも行けず、将来も不安で途方にくれています。
先日の主治医の件、自分のことのように辛く悲しく思いました。

PCに不慣れなため失礼をお許しください。

>めぐみさん

from だだ | 2014/02/27 00:24
はじめまして。
アラフォーシングル無職仲間、ようこそです♪
お母様、大変だったのですね。
まだサービスをあまり使えない状態なのでしょうか。
デイやショートが使えるようになれば少しは気晴らしできるのですけれど。
気晴らしにもショートにもお金がかかるというのが現実で…。
私たち介護者にも自分の人生をあるく権利はあります。
そして親は子の不幸を望まないと思います。
少しずつでも、いっしょに頑張りましょう。

無題

by 菜の花子 | 2014/02/26 21:52 | EDIT
そうですよね。あの介護認定ってのも、曲者ですよね。うちの父は、車いすも一人で乗れないのに、頭はしっかりしてるから、最初介護度3で、入院してる病院でもみんなに驚かれましたよ。
仕事は、金銭面ではもちろんだけど、精神的にもゼッタイしたほうがいいですよね。
遠くから応援してますから、仕事探し頑張ってください。
それから、うちもいろんな病院に通いましたが、いまだにこの人は、っていう先生に会ったことありません。良いお医者さんとのご縁は貴重ですので、大切にしてください。

>菜の花子さん

from だだ | 2014/02/27 00:32
こんにちは。
認定基準ってよくわからないので不安です。
うちも口だけはしっかりしているので。
失ってわかるものですが、仕事があるってありがたいことですよね。
社会に参加していることの大切さに気づきます。
気分転換になるような仕事を探しているのですが・・・頑張ります。
医者探しは難しいものなのですね。
先日みつけたツンデレ医者が名医であることを祈ってます(笑)。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]