忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
07«  2017/08  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »09
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

「介護なんてゼッタイ無理!」

私は深夜のバイトに行っている。
新しい職場の人たちにまず訊かれたのがこの質問。
 「だださんって昼間は何をしてるんですか?」
・・・嫌だなこの質問。
と思いながらも、親の介護をしています、と答える。
反応はだいたい2通り。
 「大変ねえ」
と同情をされるか、
 「うちにもおじいちゃんがいてね」
と介護話になるか。
でも昨日、若い女の子の答えはちょっと違った。
 「えええ! 介護ですかぁ?
 えらいなー。
 私だったら絶対にできません。
 無理無理、ゼッタイ無理!」

甘いな、お嬢さん。
無理とか関係ないんだよ。
できるできないの問題じゃないよ。
介護はやらなくちゃいけなくなるものなんだよ。

うちの母も、在宅で介護するのは無理だろうと言われていた。
リハビリ病院のドクターからも療法士さんからもケースワーカーさんからも断言された。
 「無理ですよ」
って。
 「老人ホームを探しましょう」
って。
ああ無理なんだと思っていくつか申し込んだ。
1か月くらい待てば入れそうなところがあったから見学に行った。
正直、あんなところに入るくらいなら死んだほうがマシだと思った。
(探せばもっと良いところがあると知ったのは後になってからだった)
母を棄てるようなことはどうしてもできず、在宅介護に決めたのだ。

うちのオヤジも「介護なんてゼッタイ無理!」なタイプだった。
自分のこともできないのに人の面倒なんてみられないと言い切った。
 「俺には無理!」
それが今では。
ごくたまにだけどオムツ交換にトライするところまでに成長した。
人間やればできるもんだ。

他の方の介護ブログを読んでいると実にさまざまだ。
認知症の方の介護なんて本当に大変で頭が下がる。
私にはできないかも・・・って思う。
すごく不安になる。
でも。
できるできないじゃない。
やらなければいけなくなる。
嫌でもふりかかってくる。
そしていつかは、自分がしてもらう側になる。
それが介護だと思ってる。

毎日楽しいし、母はおもろいし、私はそれなりに幸せだけど。
一生、誰のオムツも替えないで終わる人もいるんだよね?
私には想像もつかない。
・・・ちょっとうらやましい。

にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by まゆりんこ | 2014/04/09 21:23 | EDIT
それめっちゃ思ってました!
介護しないまま一生終わる人もいるんですよねぇ。
私の友だちにも無理!絶対しない!したくない!って人がいます(笑)
やっぱりその立場にならないと絶対わからないし想像できないことですよね。
私の介護は一体だれがしてくれるんだろうって不安で仕方ないです(笑)
だださん深夜のお仕事お疲れ様です^ ^
無理は禁物ですよ〜!

>まゆりんこさん

from だだ | 2014/04/09 21:46
「無理!」っていうのは「できない」のではなく、「したくない」ってことなんですね。
私は物心ついたころから家族の介護をしているのでそっちのほうがピンとこないんですけれど。
>私の介護は一体だれがしてくれるんだろうって不安で仕方ないです(笑)
あああ、それを言ったらダメー!
みんな一気に暗くなる(笑)。
でもまゆりんこさんはまだお若いから大丈夫ですよ。

はじめまして

by POTE | URL | 2014/04/11 09:45 | EDIT
2年前まで舅と姑を在宅で看てました。
現在は姑専属に格上げ?です。

お仕事お疲れさまです。お仕事しながら介護してらっしゃるなんて、本当にご立派です。

ワタシは専業主婦なので、二人抱えていた頃は365日当直生活みたいでしたけど、今は姑がデイに行ってくれる週3回はちょっとだけ外出出来るようになりました。

まったり一人ランチしてると、結構周囲のビジネスマンやOLさんの会話で介護の悲喜こもごも話が聞こえて来たりして、それなりに介護の実態も周知されて来たように感じます。

でも、「ムリ無理むり、自分絶対ムリ」って人相変わらず多いですね。
「出来る出来ないじゃなくて、やるんだよ」って感じですが。
介護に限らず、何事もそうだと思うんですけど、本能的に皆さん逃げようとしますね。

ウチの場合は義姉ですが(笑)
以前は毎月見舞いと称して家族で押し掛けて、ウチで飲み食いして平気で小遣いもらってましたが、最近ワタシが通帳管理してることにようやく気が付いたようで、ぱったり現れません。

来て、姑の食事介助やら入浴やら車椅子外出のお供やら、やってもらいたいことは幾らでもあるんですけどね。

熱くなったり寒くなったり気候不順な折ですから、ご自愛下さい。

POTEさん

from だだ | 2014/04/11 21:33
初めまして。
毎日お疲れ様です。
一人でも大変なのに2人同時介護なんて本当によく頑張られましたね。
うちの母は手がかからないので夜は出られるんです。
そのかわり昼間は活発すぎて昼寝もできませんが(笑)。
私は想像するほかありませんが、お姑さんと実の親とでは介護の気楽さも全然違うのでしょうね。
厄介な親戚・・・本当にお疲れ様です。
実際に「無理!」って逃げちゃった人は、親のことが心配にならないのでしょうか。
あとで後悔しないのでしょうか。
POTEさんもお疲れが出ませんように。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]