忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
09«  2017/10  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

おとな

病院でエレベーター待ちをしていたときの話。
私より先に小学生の男の子とそのお母さんが待っていて、しかもけっこう長いこと待たされている様子だった。
エレベーターがやっときて、親子が乗り込もうとしたそのとき
 「お! ちょうど来よったな」
初老の男性が足早に歩いてきたかと思うと
 どーん!!!
子供を突き飛ばして真っ先に乗りこんだ。
子供は転びそうになって母親にしがみついた。
 「ちょっと・・・ダメじゃないですか!」
あとから追いかけてきた奥さんが夫に言った。
子供にぶつかったことをたしなめたのだと思う。
全員がエレベーターに乗り込んだあと、男性は大きな声でぶつぶつ言っていた。
 「こんなのは遠慮したらアカンのや! 遠慮したら負けなんや!」
いや、あんたは何と勝負してるねん!
と言ってやりたかったけど、当の親子連れが
 「触らぬ神に祟りなし」
って雰囲気だったから私も黙っていた。

男性は60才くらいだろうか。
上等な背広を着て、見るからに裕福そうで、もしかしたら会社ではそれなりに偉い人なのかもしれない。
頑張って働いてストレスがたまっているのかもしれない。
それでもここは『ごめんなさい』と言うべきところ。
エレベーターに突進し、病気かもしれない子供にぶつかっておいて、ごめんの一言もいえないなんて。
60年も生きてきてそれか。
金持ちになっても偉くなっても、そんなもんか。

世の中こんなオッサンいっぱいいる。
いっぱい知ってる。
知ってるからこそよけいに思う。
私は金持ちにも偉くもなれないけど、小さい子供に『ごめんなさい』と『ありがとう』のいえる大人になりたいと・・・。

明日は担当者会議でめんどくさいなーって思ってる私に励ましの1クリックを!
よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]