忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
07«  2017/08  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »09
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

本を読める幸せ

母が『赤毛のアン』を読了した。
タブレットで本を読む練習をはじめたのが3月のことで、赤毛のアンを読み始めたのが4月下旬。
最初は4ページか5ページ読むのがやっとだったのに『アン』を読みはじめてからはどんどん上達した。
夢中だったからだ。
母はアンの境遇に涙し、いたずらに笑い、マリラとマシューの愛情に感動しながら読み進めていた。
毎日毎晩。
物語に没頭した。
暇さえあればタブレットをひらいては憧れのプリンスエドワード島に飛んで行った。
そうして今日、病気をしてから初めて、1冊の本を読み終わった。
・・・たぶん。
どこまで読めた?と横から覗いたら、母はいっしょうけんめい『あとがき』を読んでいたから。
もう全部読んだの?
 「まだ」
でもそこもうお話じゃないよね?
アン出てこないし。
 「そうなのかなあ。さっきアンとギルバートがマシューのお墓参りをしてたんだけど、マシューいつの間に死んだんだろう」
えーと。
ほんとにぜんぶ読んだのかな?
まあ、いいか。
次の本をダウンロードしようか。
何を読みたい?
 「パール・バックの『大地』!」
マジですか!?

結局は続編の『アンの青春』に落ち着いたけど。
 「本はいいね。本を読めるってほんとに幸せ。私の生きがいの一つよ」
と母は言った。
「想像力」。
赤毛のアンは繰り返し強調していた。
本を読み、想像する力があれば、どこへでも行けるし何にでも変身できる。
どんな波乱万丈な人生でも生きられる。
・・・たとえ体はベッドの上にあろうとも。
元の通りにはなんにもできなくなっちゃった母に、ひとつでも生き甲斐がよみがえったのなら、こんなに嬉しいことはないと思う。
タブレットのある時代でよかった!


パール・バックが読めるまでに回復しますように願いをこめて1クリック、お願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by matu8 | 2014/05/10 22:55 | EDIT
いい話ですねえ。きっと回復するよ。信じることです。その方が幸せですから。希望がありますから。

>matu8さん

from だだ | 2014/05/11 22:16
ありがとうございます。
信じています。
どこまでいけるかはわかりませんが、希望はどこまでも持っていようと思います。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]