忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
07«  2017/08  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »09
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

呪われたっぽい

母が本を読んでいる。
読むといっても、母のことだから、相変わらず1日に10ページ進んだらいいほうで。
気がついたらどこまで読んだかわからなくなり、読んだことすら忘れるありあさま。
ぜんぜん進まない日だってある。

1クリックで応援よろしくお願いします!
 ↓
にほんブログ村 介護ブログへ


今読んでいるのは村山早紀『ささやかな魔法の物語』という可愛らしい本だ。
(以下はネタバレになります。)



この本はいくつかの短編から成り立っている。
昨夜は、少女が姿を消してしまう話を読んでいた。

主人公の女の子は学校でいじめられている。
気丈に頑張っていたが、追いつめられ、とうとう行方をくらましてしまう。
みんなで探すがついに発見されることはなかった。
しかし、骨董屋の主人だけは彼女を見つけた。
女の子は、古い鏡の中にいたのだ。
人生に絶望した彼女は、古い鏡の中に逃げ込み、鏡の世界で永遠に微笑んでいるのだった。

・・・とまあ、ちょっぴりホラーテイストなファンタジーなのだけど。
読んでいる母もまたファンタジー。

女の子が行方不明になるところまで読むと、なぜか先へ進めなくなってしまう。
どうしても最初に戻って読んでしまう。
途中まで読んだことは完全に忘れてまた最初から読みなおす。
それを何度もくりかえす。

つまり、女の子は

いじめられる
 ↓
行方不明になる
 ↓
 ↓(読んだことを忘れて最初に戻る)
 ↓
いじめられる
 ↓
行方不明になる
 ↓
 ↓(読んだことを忘れて最初に忘れる)
 ↓
いじめられる

母のなかで恐ろしいループを続けているのだ。
それを傍で聞かされている私にとっては

・・・なんだこの呪い!

てな気味の悪さ。
早く女の子を助けてやってくれよ!
と頼むと、母は
「だってここまだ読んでない」
という。
「女の子が見つからへんねん、どこに行ったんやろ」
ともいう。
女の子は鏡の中の世界に永遠に囚われてしまった、という話なのだが、私にしてみれば、永遠に囚われているのは母の方だとしか思えない。
コワかった。

※注※ 本に罪はありません。良い本でございました。
PR


スポンサードリンク

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です

無題

by J.O. | 2014/10/02 22:46 | EDIT
村山作品大好きなもので、ついコメントさせていただきました。猫登場頻度も高いので(「かもめ亭」シリーズ続編は猫特集、ホラーあり)、
猫好きだけど猫アレルギーの私にはだださんブログと並ぶ猫補充源だったりします(笑)
でも「銀の鏡」は心に痛いエピソードなので、無限ループは確かに辛いですね…

J.O.さん

from だだ | 2014/10/03 14:05
おお、ファンがいらっしゃいましたか!
近頃の母は古い翻訳文学ばかり読んでいましたので、綺麗な日本語をと思い、村山作品をすすめました。
母はとても気に入っているようです。
続編の猫特集!これはぜひ読まなければいけませんね!
情報ありがとうございます。

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]