忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
05«  2017/06  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »07
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

ちょっとした嘘

今朝、レゴ人形のキャプテンを新たに買いなおした写真を載せた
 「肩章がないですやん」
とつっこまれた。
ぜんぜん気がつかなかった。
相棒、失格やん、私。

近所のレゴショップに買いにいったら、店内は子供ばっかりだった。
子供とその親、祖父母ばっかり。
ファミリーばっかり。
寂しい独り者の私にはものすごくアウェーなショップである。
よほど挙動不審だったのだろう、店員さんが
 「何かお探しですか?」
と話しかけきた。
私は挙動不審の言い訳をしなければと思い、とっさに
 「子供のレゴのパーツを失くしてしまって探しにきたのですが」
と真っ赤なウソの言い訳をしていた。
子供って誰だよ。
どこの子だよ。
キャプテンはうちの子だよ。
私が失くしたんだよ悪いか!
・・・なんで堂々とそう言えなかったのだろう。

体裁がわるいと、咄嗟にウソをつくことがある。
ウソじゃなくてもぼかした言葉で誤魔化したりとか。
仕事の面接のときに
 「前の仕事を辞めてからどうしてたの?」
って聞かれて
 「海外におりました」
と答えたことがある。
『海外で働いてました』みたいに聞こえたらしいけど黙っておいた。
ぼやぼや観光旅行してたとか、いわゆるニートでしてとか、言いたくなかったから。
説明するの面倒だしね。

そういうわけで、幻の子供のためにレゴのパーツを捜していると答えると、店員さんは気さくに応じてくれ、おしゃべりにまで付き合ってくれた。
曰く、
 「最近のレゴは昔のとぜんぜん違うでしょう? こんなのレゴじゃないですよ!」
・・・レゴショップの店員にあるまじき発言を聞かされてしまったけれど、おかげでちゃんと肩章を買うことができた。

PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]