忍者ブログ

在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~

独身のアラフォーが家族を在宅介護、やりくりしながらウィーン旅行を目指します
05«  2017/06  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »07
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

2年前の反省

旅ブログに書きそびれていたことを一つ。

2年前の春。
私はシリアにいた。
日本人女性のAさんと共に、アレッポ近郊の遺跡ツアーに参加した。
あたたかな春の日で、花の群れ咲く遺跡はとても気持ちがよかった。
ピクニックしている家族がいた。
可愛い子供がいた。
私は遺跡見学もそこそこに、ピクニックに参加したり野の花を眺めたりして過ごした。

一方、Aさんは遺跡が大好きで、広い敷地を飽きもせず歩きまわり、眺めてまわり、わずかに残る石積みの一つひとつ観察していった。
そんな彼女をみてドライバーのおじさんが呟いた。
 「うれしいなあ」
と。
 「ぼくはこれまでたくさんの外国人を観光地に案内してきたよ。
 たくさんの日本人をね。
 でも、多くの日本人は遺跡なんかちょっとしか見ない。
 チラツとだけ見て、あとは地元の人と話したり違うものばかり見ている。
 だから、あの人のように、ぼくらの歴史遺産にきちんと興味をもってもらえると、すごく嬉しいんだ」
私は自分が恥ずかしくなった。

 『地元の人に馴染みたがるのは日本人観光客の特徴だ』
と言われたことがある。
 『日本人はふしぎなことに、地元民と間違われると嬉しそうな顔をする』
欧米人バックパッカーには理解できない感覚だそうだ。
欧米人はどこへ行っても必ず朝食にパンを食べるが、日本人は地元民と同じ屋台で朝粥をすすりたがるものだ。
国とは人である。
文化とは人である。
旅の醍醐味とは人との出会いである。
観光よりも人としゃべることを大事にする。
それも一つのスタイルだ。

だが地元の人はやっぱり観光もしてほしいのだと思った。
逆に言えば、海外からきた観光客に
 「京都でホームステイして新世界で串カツを食べたから関西満喫できた!」
って言われたら「なんか違う」と残念に感じる人もいるだろう。
せっかく京都に来たのならお寺ひとつくらい入ってほしいし、大阪城なり姫路城なりを見上げてほしい。
日本の歴史に触れてほしいと思う人もいるわけだ。
 「歴史なんか興味ないよ」
と言われたらそれまでだけど。
歴史の積み重ねこそが今日をつくっているのだから、日本の歴史を無視する人に今の日本を語ってほしくはない。
シリアのドライバーさんが言いたかったのはそういうことだと思う。
私はそれに気がついて、自分が恥ずかしくなった。
私はシリアの歴史をぜんぜん知らなかったから。
無知は仕方がないとしても、せっかく貴重な遺跡を訪れておきながら、その国の歴史や文化に対し、ちゃんと敬意を払っていなかった。
ごはんだけ食べて味わった気になっていた。
私は、間違ってた。
PR


スポンサードリンク

初めましての方へ

母:高次脳機能障害、要介護5
妹:重度重複障害者
父:天然ボケ
猫:2匹
こんな家での暮らしを綴っています。
詳しくはこちら

広告





ブログ内検索

プロフィール

メールはこちら

ランキング

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 在宅介護しながらウィーンへ行くブログ~猫とビターチョコレート~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]